[運営会社]
日本リブライン株式会社

2016年12月9日、クレジットカード決済に
おける新たなセキュリティ対策の義務付けが
公布されました。

2018年3月までに
対策を行わないと・・・
あなたのネットショップで
クレジットカードの使用が禁止される恐れがあります。

ECサイトを運営している
すべてのご担当者様必見!

あなたは以下の項目に
該当していませんか?

項目はご確認いただけましたか?

【キーワードは「非保持化」

非保持化とは
「自社で保有する機器・ネットワークにおいて
「カード情報」を「保存」「処理」「通過」しないこと」を指します。

クレジットカードを利用した買い物は今や当たり前となりそれに伴いクレジットカード不正利用の被害もよく耳にします。
そんな中、日本では2020年に東京オリンピックが控えており、世界水準のセキュリティ対策の整備が急務となりました。

そこで・・・

2017年3月8日、経済産業省が主導となり
「クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画-2017-」が公表されました。

その実行計画に以下の一文があります。
「加盟店におけるカード情報保護のため第一の対策として非保持化を基本とした取り組みを推進する。」

さらに、2016年12月2日に「割賦販売法の一部を改正する法律」 (改正割賦販売法)が可決・成立( 2016年12月9日公布)されており、その中に

「加盟店によるセキュリティ対策の実施状況を確認するため調査を実施する事の義務付け」

と、あります。

加盟店(決済代行会社)はクレジットカード決済を行っている個々のネットショップに対してセキュリティ対策が出来ているか調査をする義務があり、その「セキュリティ対策」こそがこの度の「実行計画」となります。

つまりそれぞれのネットショップは「セキュリティ対策」の第一の対策としての「非保持化」を行っていないと、決済代行会社から、勧告もしくは使用停止処分を受ける可能性が高くあります。

「非保持化」に不安を持たれた皆さんへ
まずは「非保持化」されて
いるか調査いたします

「実行計画」で言われている「非保持化」とは
「自社で保有する機器・ネットワークにおいて「カード情報」を「保存」「処理」「通過」しないこと」を指します。
つまり、すでにこのような方式になっていれば問題ありません。
またショッピングカートASPサービスなどカート自体がパッケージ化されたものを使用している場合もその運用会社自体が今回の件を対応すると考えられますのでおそらく問題はありません。

今回主に対象となるのは独自でショッピングカートを制作し運用しているネットショップになります。
特にカート離脱を避けるために、自社ドメイン内で決済を完結できるようにしている場合「非保持化」となってない可能性が特に高くあります。

自分たちのカートはもしかして・・・と思う方は調査(無料)で行いますのでお気軽にお問い合わせください。もし「非保持化」されていなかった場合、「非保持化」対応のサービスも行っております。

費用について
現行サイトの
非保持化調査:
0
「実行計画」に基づいた
カード番号入力フォームの非保持化対応
(トークン式※)
50,000円~
  • ※トークン式  javascriptが利用できない環境では使用できません。
無料お問い合わせはこちら

【導入方法】

ステップ1
まずはお問い合わせください

このページのオレンジのボタンから、お問い合わせしていただきます。

ステップ2
サイト調査

3営業日以内で調査を行いご連絡いたします。

非保持化されていた
非保持化されていなかった
ステップ3
「非保持化」お見積り

対象サイトでの調査を元に「非保持化」に向けたお見積りとお申込書をお送りさせていただきます。

ステップ4
ご契約

お申込書を受け取り次第、ご請求書をお送りさせていただきます。
また、作業に必要なサーバー情報等のご提示を依頼する場合があります。
その場合には、機密保持契約書及び個人情報の取扱に関する同意書等の資料をお送りさせていただきます。

ステップ5
方式変更作業

20営業日程度で乗せ換え作業を行います。
その際に不明点があればご質問させていただく場合があります。

  • ※作業内容(オプション)によって変更する可能性があります。
ステップ6
「実行計画」に基づいたサイトの完成!

安心して運用いただけます。

無料お問い合わせはこちら
安全、安価、想起回収可能なリンク方式での対策を推奨します。安全、安価、想起回収可能なリンク方式での対策を推奨します

【運営会社】

【運営会社】日本リブライン株式会社
Tel
[営業時間]
10:00~19:00(土日祝定休)
「非保持化について」とお申し付けください。
安全、安価、想起回収可能なリンク方式での対策を推奨します